《ブロキュレ》NCT推しまくりブログメディア-韓国-

NCT推しまくりブログメディア-韓国-

ブロキュレ NCT推しまくりブログメディア


【NCT】テヨン、過去の議論されている問題について被害者と直接会い、謝罪。

nct127 テヨンの画像
出典:https://i.pinimg.com/

nct127

過去の議論されている問題
について被害者と直接会い
謝罪したことを現地メディアが伝える。

 




現地メディアWIKITREEが
伝えたことを要約します。

◉争点は3つ

・テヨンが女性の外見をいじる
コメントをネットに投稿

・いじめに加担していた

・セクシャルマイノリティーに
ついての差別的な発言があった



過去、テヨンが
大柄の女性の外見に対して
皮肉めいた発言をネットに投稿。

いじめに加担しクラスメイトと
そのような行為を続けたが
火付け役ではなかった。
しかし明らかに加担者ではあり
被害者は自傷行為まで
行ったと言われている。

テヨンが中学の卒業アルバムで
セクシャルマイノリティー
に対する差別的な
発言を残したがこれに関しては
当事者とされている人物が
「テヨンと親しい間柄だったため
全く嫌な気分ではなかった」と伝えた。

この全ては事実であると被害者
および同級生が情報を提供した。


 

 

 

◉被害者が望んでいるのは心からの謝罪

「その事件が起きた後
数年の間苦痛の中に住んでいた。
誠意ある謝罪を受けたかった。」

しかし実際は
虚偽の事実をふれ回っている、
噂の拡散器などと罵倒されて
被害者はまた苦しみ
同級生達は恐怖に震えた。

「私にとっては
消えない傷でした。
誰かによって私の心が
勝手に代弁されることも
他の誰かによってデマが
拡散されることもあり
落ちこみました。」

そして被害者は直接
SMエンターテインメントに
乗りだすことにした。

SMに対して
「直接謝罪を受けたい」
という趣旨のメールを送った。
しかし返事はなかった。

最初から最後まで
被害者が望んでいたのは
心からの謝罪であった。

 

 

 

◉テヨン、米国から帰国後
被害者と直接会い、謝罪。

テヨンは米国日程を終えて
韓国に帰国すると
すぐに被害者と会い
直接謝罪を行った。

WIKITREEも同行した。

テヨンはその全てを認め謝罪した。


二人が10年ぶりに向かいあい
被害者は涙を流した。
しばらく静かな時が流れ
再び会話するまでには
1時間もの時間がかかった。


被害者はテヨンの前に座った。
まず最初に話しだしたのはテヨンである。
彼は頭を下げて謝罪した。
過去の誤ちを認めて心から謝罪した。


「久しぶりに会う友人なのに
こんな形で会うことになり
申し訳なく思います。
実際には一度も心が楽に
なったことがありませんでした。
一日の中で数十回「なぜなのか」
と後悔しました。」(テヨン)


被害者はテヨンの一言、一言に
耳を傾けた。被害者は彼から
真正性を感じた(心からの謝罪)

結局2時間を超える長い会話の後に
被害者は全てを「許す」とした。


「その当時のわたしは表現することが
苦手な人間でした。わたしが幼い時に
考えることなく言った言葉と行動に対して
心から謝罪します、申し訳ありません」(テヨン)

被害者はテヨンをみて笑った。
「健康に気をつけて活動して。
遠くから応援するよ。」
二人はそのようにお互いの未来を
応援する友達になった。


◉SMエンターテインメント謝罪の意

『最近、テヨンは中学在学時に
良識のない言動と行動など
自分の誤ちにより傷つけた
友人に対して謝罪しました。

友人はテヨンの謝罪を受け入れてくれて
それぞれの場所でより成長し
お互いの未来を応援しています。

加えてテヨンはまだ連絡が
届かなかった友人にも申し訳ない
気持ちを伝えました。

今後もテヨンは過去のことを
忘れることなく謙虚な心構えで
正しく成長し、活動する姿を
お見せしていきます。

 ありがとうございます。』

 

参考:https://www.wikitree.co.kr/

 

 

 

 

筆者はブロキュレで
フェイクニュース流しやがって
このくそやろう!!!!
とキレ倒していたので

関連:テヨンのフェイクニュース


それが事実ではない
(フェイクニュースだと言うことが
デマで実際あった出来事だった)
と彼本人が認めた以上
わたしからも謝罪します。

申し訳ございませんでした。

というかSMも公式の立場として
そのような事実はなかった
と公表していたようなんですけど

関連:SMが公式立場を発表


収集つかなくなって
今回の直接謝罪に繋がったんですかね。

本当にこんなことを言うと
あれなのかもしれないんですけど...

わたしはテヨンの過去も含めて
許してあげたいと思うし
今の彼の努力や姿勢をみて
彼のことを嫌いになんて
この先も一生なれないと思います。

お花畑と言われればそれまでですが
どうしたってそうなんです。

テヨンのことを許せない人は
今の彼を知ることもなく
去っていくんだろうけど

少なくともわたし、
そしてテヨンのことを
大好きな人たち、
愛しく思う人たちは、

それでも彼を知ろうと
向き合い続けたんだと思います。

その結果、抜けきれない
沼に引きずりこまれたわけですがw
考えてもみてくださいよ。

これだけ色々言われてる子。
ただかっこいいとかかわいいとか
そんなことだけじゃなくて

彼を知ろうと向き合って
その上でまた、もう一度
好きになったんです。
なんども好きになるんです。

本当にこいつ大丈夫か?
って思われるようなことを
言ってるのは重々承知ですが
これは曲げられない気持ちです。

わたしは過去の彼も含めて
誤ちを認めて後悔し謝罪してる彼を
これからもきっと好きで、応援します。

そして今の彼、これからの彼も
ずっとみていきたいです。

nct127 テヨンの画像
出典:https://i.pinimg.com/

 

 

 

 

 

 

© 2018 blocure